いらだちの、向こう側へ

“Tataitter”はセンサ技術を応用し,「いらだち」を共有するサービスです.

人間は締め切りに追われるなどいらだちの感情を持った際,「物に当たる」性質があるといわれています.

特に,デスクワークが多い現代では「机を叩く」という行動でストレスを発散する場合があります.

本サービスではその「机を叩く」という行動に含まれる「いらだち」の共有を目指すものです.

机を叩く時の衝撃を独自のセンサ技術(特許出願未定)により検出し,Twitterに「机を叩いた」という情報をツイートします.

同時に,ユーザにはいらだちを鎮めるようなメッセージを提示することで,ストレスのさらなる解消を目指します.

本サービスは2013年4月1日よりサービスを開始します.実際に運用しているアカウントはこちら:@TYETech_bot

嘘です.ええ.